カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
チョコレート
  • ホーム
  • 小さなパティシエたち、生チョコ作り大成功!

2018.02.03

小さなパティシエたち、生チョコ作り大成功!

バレンタインを前に、小さなパティシエたちと手作り生チョコのイベントを開催しました。今回も場所は二子玉川のニコのおうち。お天気に恵まれた節分の日、たくさんのご家族と子どもたちに集まっていただきました。

子どもも大人も、生チョコをどうやって手作りするのか興味津々。温めた生クリームをチョコに流し込み、スプーンで混ぜるとチョコの香りが部屋いっぱいに。トロ〜リと溶けていくチョコレートを見つめながら真剣に混ぜる子どもたちも、チョコレートをカップに流し込んだあとはスプーンについたチョコを舐めて大満足!

生チョコを冷蔵庫で冷やしている間に、チョコを贈る相手にメッセージカードを作ってもらいました。「誰にあげるの?」と聞くと、「自分で食べる!」と素直なみんな。生チョコが冷えたら、カラフルなトッピングで思い思いにデコレーション。とってもかわいい生チョコがたくさん出来上がりました!ぜひ家族みんなで楽しんで食べてくださいね。

実は生チョコの作り方はとっても簡単です。用意するのは

・刻んだ板チョコ100g
・動物性生クリーム50ml
・ボウル
・スプーン
・バット(湯専用)
・お湯(湯専用)
・お好みのカップ容器(この分量で、直径5センチほどのミニカップ3つ分の生チョコができます) ・デコレーショントッピング

作り方は
1. 刻んだ板チョコをボウルに入れて真ん中に窪みを作る。
2. 生クリームを耐熱容器に入れて電子レンジにかける。生クリームが沸騰する寸前、フツフツとしてきたら取り出し、チョコに窪みから外へ回しかける。
3. すぐに混ぜず、10秒ほどボウルを回して生クリームをチョコに行き渡らせる。
4. スプーンでゆっくりと混ぜる。グルグルかき混ぜるのではなく、生クリームをチョコレートになじませる感じで焦らずに!
5. チョコが溶けきったらカップに流し込む。溶けきらない場合はバットにお湯を入れ、湯煎しながら溶かしてください。
6. 15分ほど冷蔵庫で冷やし、お好きなトッピングで飾りつけて出来上がり!
*冷蔵庫で保存してください。もちろん出来立てが一番美味しいですが、2〜3週間ほどは美味しくいただけます。

今回生チョコイベントに参加してくださったみなさま、ありがとうございました。楽しんで参加してくれるみなさんとお会いでき、私たちもとても嬉しいです。そしてチョコレートは幸せな食べものだな、と改めて思います。

ニコのおうちのみなさまも、いつも協力していただきありがとうございます。

またイベントでお会いしましょう!

image
image
image